チェリーカジノの評判と信頼性は?【2021年最新版】

チェリーカジノのトップ画面からは「カジノ」、「ライブカジノ」、「スポーツ」という3つのセクションがあることがわかります。それぞれ区切られていますが、アカウントは一つだけで問題ありません。すでにカジノ用に登録している人にはお手軽です。

今回焦点を当てるのは、この中でもスポーツの部分です。

チェリーカジノの登録方法

チェリーカジノ登録方法は以下の通りです。

公式ページのトップ画面に表示されている「新規登録」ボタンをクリックします。次に表示されるページに「メールアドレス」を入力します。

次のページでは、「氏名」や「住所」などを登録します。これらの情報はローマ字で入力しましょう。身分証明書として提出する書類と一致するようにお気を付け下さい。

最後に「認証する」ボタンを押します。すると登録したメールアドレスにメールが届きます。中にある「アカウント認証を行う」をクリックすると完了です。

チェリーカジノ入金方法・出金方法

続いては、チェリーカジノの入金と出金についてです。

入金方法

チェリーカジノのアカウントにログインしている状態で「入金」を押します。すると「クレジットカード各種」や「ecoPayz(エコペイズ)」、「iWallet(アイウォレット)」などの選択肢が表示されるので、ここから好みのものを選択します。

出金方法

出金の際にも同じように、アカウントにログインしている必要があります。その後、「マイアカウント」から「出金」へと移動します。

すると、さきほどと同じように、複数の選択肢が表示されますので、好みのものを選んで下さい。手段を選んでから、出金したい額を入力しましょう。

チェリーカジノのボーナス

チェリーカジノには初回入金ボーナスがあります。

1回目の入金

ボーナス率100% | 最大500ドル

2回目の入金

ボーナス率100% | 最大500ドル

どうでしょう? 

これら両方を利用すると、合計で1000ドルがボーナスだけでもらえることになります。スポーツベットにおける出金条件は8倍に設定されています。

ちなみに、チェリーカジノのボーナスの扱い方は少し特殊です。カジノで獲得したボーナスを、スポーツベットで使用することができます。

これだけ、カジノとベットが調和したサービスはなかなかありません。

チェリーカジノの評判

チェリーカジノの安全性や評判についても見てみましょう。

チェリーカジノを運営するのは、Cherry ABというスウェーデンの会社です。スウェーデン本国で長年にわたりレストランカジノを経営してきた歴史を誇ります。

つまり、一種のランドカジノ経営からオンラインに進出した、大手ということ。実態が見えやすいだけでも、信頼感が増します。同社は、ストックホルム証券取引所での上場も果たしています。

これだけの会社が運営していることから、突然の閉鎖や倒産というリスクが非常に低いと言えるでしょう。オンラインカジノ分野でも、数々のアワードを受賞しています。

チェリーカジノのメリット・デメリット

 チェリーカジノのメリットとデメリットを見ていきましょう。

チェリーカジノのメリット

チェリーカジノの利用しやすさはピカイチです。サイトの作りがシンプルなのに加え、オンラインカジノのサイトと大きな差はないことで、親しみやすさを感じます。

すでにオンラインカジノで利用している人にとって、スポーツベットへの移行は非常に簡単です。アカウントは一つでいいので、ログアウトとログインという面倒さもありません。

チェリーカジノのデメリット

サービスもデザインも全体的に優れており、チェリーカジノに目立った欠点はありません。敢えて言うならば、スポーツベットを専門とする大手と比べると、スポーツの種類が豊富ではない点が気になります。

チェリーカジノの解説まとめ

チェリーカジノは今までブックメーカーを使ったことのない人でも気軽に使い始められます。初心者向けではありますが、決して、経験豊富な人に向いていないわけでもありません。幅広い層のスポーツベット愛好家が利用できる人気の選択肢です。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *.

*
*
You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>